うばだいしゃ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

優婆提舎

upadeśa उपदेश (S)「論議」と漢訳。

 教説、問答あるいは論説を意味する。十二部経の一として、仏陀あるいは弟子たちが教えについて論議し、問答によって理を明らかにしたもの。
 また、経の内容を哲学的に論究した論書。たとえば世親浄土論は『無量寿経優婆提舎(むりょうじゅきょううばだいしゃ)』と呼ばれ、無量寿経の内容を註解している。また、経の註釈書の標題としても用いられる。