えし

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

慧思

hui-si (515-577)

「南岳大師」「思大和尚」とも呼ばれる。河南省武津の人。天台宗の大成者智顗の師であり、中国天台宗第2祖。河南省南部の大蘇山(だいそざん)に住していた時、智顗にを伝え、晩年、湖南省衡山(こうざん)(=南岳(なんがく))にこもる。

 北斉の慧文禅師に就いて法華経による禅定の境地(法華三昧)を体得する。
 また、般若思想の実践者でもあり、般若・法華などの諸大乗経の講説につとめる。生きている間、しばしば悪論師たちに迫害されたが、徹底した求道をつらぬいた。

 末法の考えをはじめて唱え、阿弥陀弥勒の信仰をもっていたとされる。

著書

  • 立誓願文
  • 法華経安楽行義
  • 諸法無諍三昧法門
  • 随自意三昧

などがある.・