きょうそうはんじゃく

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

教相判釈

教判」としばしば呼ばれる。

 中国仏教の特徴的な研究方法の一つであり、インドではこのような方法論はない。
 中央アジアを経由して、聖典の成立年度に関係なく、中国に一時に仏教聖典が流入したことによって、それぞれの聖典を分類しようと考えられた方法論の一つである。
 学者それぞれの立場によって、経典の価値的な配列を行っている。ことに経典を講ずる「講経会」初日に行われる「開題」のテーマとなって、提唱する総論として発達する。

竺道生の教判

 教判の最古のものと考えられる。およそ5世紀のものであり、4種に分けられている。
1.善浄法輪  在家信者のためのもの
2.方便法輪  声聞独覚菩薩乗のためのもの
3.真実法輪  法華経
4.無余法輪  大般涅槃経

慧観五時教判

1.鹿野苑四諦法輪を転ずる
2.大品般若経
3.維摩経梵天思益経
4.法華経
5.沙羅双樹林で大般涅槃経