ぎしょう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

義湘

新羅の真平王四七(625)- 聖徳王元(702)。朝鮮、新羅の華厳宗の初祖。

 新羅難林府の人。唐に渡り、竜朔元年(661)、智儼について法蔵と共に華厳を学んだ。帰国して大伯山の浮石寺など十刹で宣教にはげんだ。弟子に悟真・道融・義寂らの十大徳がいる。

著書

  • 華厳一乗法界図 一巻