くうや

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

空也

くうや、こうや。903年(延喜3)-972年(天禄3)

平安中期の念仏聖(ひじり)。名を光勝といい、「市聖(いちひじり)」「阿弥陀聖」などと呼ばれた。醍醐天皇の第5皇子という説もある。
はじめ在俗の修行者として諸国を遊行(ゆぎょう)遍歴した。阿弥陀仏の名を唱えながら、各地で道を拓き、井戸や池を掘り、橋を架け、野原に遺棄された死骸を火葬にした。
20歳のころ尾張(愛知県)の国分寺で剃髪(ていはつ)し、空也と名乗る。その後も諸国行脚(あんぎや)をつづけたが、938年(天慶1)、36歳のとき京都に移って、市中に乞食(こつじき)し、施物(せもつ)を貧民に与えるのを常とした。948年(天暦2)、46歳のとき比叡山にのぼって、天台座主(ざす)の延昌について受戒し、以後貴族の外護も受けるようになった。48歳のとき金泥般若経1部600巻の書写を発願し、14年をかけて完成している。京都東山の西光寺(のちの六波羅蜜寺)で入滅した。

比叡山を中心に行われたいわゆる「山の念仏」に対し、一般庶民のなかに埋没しつつ、念仏を広めた。時宗の一遍は空也を「わが先達」と言って敬慕した。

空也の民衆教化

空也のほぼ同時代に源信がおり、主として比叡山を中心に貴族や僧などの知識人の間で知的な浄土教を弘めていた。それに対して空也は、庶民の間に遍歴遊行して情動的・狂躁的な浄土教を弘めた点に特色がある。

空也像

六波羅蜜寺には、口から6体の小さな阿弥陀仏を出す康勝作の空也像が伝えられており、民間を遊行して歩いた念仏聖の生活と面影をよく写し出している。

空也忌

平安中期の念仏聖(ねんぶつひじり)空也の忌日(きにち)である11月13日に、京都の空也堂で行われる法会。念仏を唱え、鉦(かね)を打ち、瓢箪を叩いて京都の内外を巡り歩く。
空也は972年(天禄3)9月11日に入滅したと伝えられるが、晩年東国へ遊行に赴く時、出立の日を命日とせよと言い、以後その日を忌日として法会を行う。

空也念仏

空也が弟子の平定盛に教えたといわれる踊念仏(おどりねんぶつ)のことをこう呼ぶ。
念仏や和讃を唱え、鉢や瓢箪を叩き鉦(かね)を鳴らして、死霊(しりょう)や怨霊(おんりょう)の鎮魂を行うもの。この念仏は踊りと音楽を伴って人々を熱狂に誘うもので、後に一遍によって時宗のあいだに浸透し、現代の農村社会にもまだ残っている。

踊躍念仏

(ゆやくねんぶつ)
空也念仏のことをこのようにも呼ぶ。古い時代の言霊(ことだま)信仰が口称(くしょう)念仏と結びつき、それが古来の輪踊りの形式と合体したと考えられている。

伝記

  • 空也誄 (るい)  源為憲
  • 日本往生極楽記  慶滋保胤