けんぶつ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

見仏

 報身応身の仏身に会うことをいう。
 凡夫二乗分別をもつ人間が会うのが応身仏であって、菩薩無分別心で会うのが報身仏である。宿縁のないものは応身仏にも出会うことができない。

凡夫・二乗の心に会うことができる者を、名づけて応身とする。諸々の菩薩が、初発意から菩薩究竟地までの心で会うことができるのを、名づけて報身とする。〔大乗起信論

その必要性

 仏に会うことがなければ、仏から受記を受けることができないので、仏となることができない。そこで、仏に出会うことが必要となる。そのために仏国土往生する必要が生じるのである。それが浄土に往生することの一番の意義である。