操作

こもうふんべつ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』

虚妄分別

abhūta-parikalpa (S)

 妄りに事理を分別すること。言語をともなう概念的心理作用。三性では、依他起性を指す。

人間の認識作用を、仏教では「」(vijñāna)といい、唯識では8種の識をたてる。これらは、まとめて「分別」・「妄分別」(vikalpa)・「虚妄分別」とも言われるように、仏教では日常的な我々の心理作用を誤ったものととらえる傾向がある。つまり、言葉を用いた概念的思考の誤謬性を強調する。

 「中弁分別論』の相品で、虚妄分別の自相として

として似現(じげん)する識が生ずる

という。
また、偈には

 虚妄分別有りて、彼處に二あることなし。彼の中に唯だ空あり、此において亦た彼あり。
 故に一切法を説いて、非空・非不空とし、有無及び有の故に、是れを中道義と名づく。

と説いている。