こんぽんぼんのう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

根本煩悩

 「本惑」「根本惑」ともいわれる。
 心の働きを追求している仏教の倶舎唯識の教学では煩悩を根本煩悩と枝末煩悩とに分けており、種々の煩悩のなかの根本となる根本煩悩に、貪・瞋・痴・慢・疑・悪見の6種あるとしている。枝末煩悩はこの根本煩悩に伴って起るものと考えられる。