ごほう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

五法

 相・名・分別・正智・如如をいう。


護法

〈530‐561年〉サンスクリットでは、ダルマパーラ Dharmapāla धर्मपाल。

 インドの大乗仏教の学僧。瑜伽唯識派の所属で十大論師の一人。
 南インドのドラビダ国に大臣の子として生まれたが、王の娘との結婚式の夕べに出家した。
 唯識だけでなくインド一般の学問にも通じ、ナーランダー寺に入り、ここで戒賢(シーラバドラ Śīlabhadra शीलभद्र)や最勝子など多くの弟子を育成した。
 ほぼ同時代に安慧がおり、彼と相対峙する学説を唱えた。瑜伽行派に有相(うそう)唯識説と無相(むそう)唯識説との2系統があり、護法は前者を、安慧は後者を代表する学匠であるとみられている。
 特に、阿頼耶識には、人間に本来そなわっている種子と、新たに発生する「種子」がある(新旧合生説)とする種子論、また認識は対象(相分)、主観(見分)、認知(自証分)、再確認(証自証分)の4要素の相互作用による(四分説)とする認識作用の分析が有名。
 彼の学説は弟子の戒賢から玄奘に伝えられ、中国で法相宗を形成した。

 29歳でブッダガヤー(仏陀伽耶)の菩提樹辺に隠棲し、32歳で世を去った。

著書

  1. 成唯識宝生論
  2. 大乗広百論釈論
  3. 観所縁論釈
  4. 成唯識論