しゅっけ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

出家

pravrajyā प्रव्रज्या (S)

 家庭生活を捨てて遍歴・遊行(ゆぎょう)生活に入る意で、世俗を離れ、修行者の仲間に加わること。

 仏教教団において受戒し、正式の修行者となることをいうが、広く剃髪(ていはつ)して仏門に帰した僧尼を呼ぶ場合にも使う。在家と対比される。インドでは、紀元前5世紀頃、バラモン教の伝統的権威を認めない沙門と呼ばれる自由思想家達が現れ、解脱への道を求めて哲学的思索や苦行(くぎょう)などの修行にいそしんだ。有力な沙門のもとには多くの弟子が集まり、出家者集団を形成したが、釈迦もその沙門の一人であった。仏教における出家の伝統はこれに由来する。

 仏教では、出家者は在家者を教え導き、在家者は出家者を経済的に資助するものとされ、出家の精神的優位が説かれたが、紀元前1世紀頃に始まった大乗仏教においては、菩薩による衆生済度(しゅじょうさいど)の観点から、在家の意義も積極的に認めた。
 中国では、仏教の出家主義は儒教(じゅきょう)の側から「孝」(こう)などの社会規範を乱すものとしてしばしば非難を受けた。また唐代以降は、国家経済的見地から出家行為自体を統制し、出家者数を国家的に管理する法制度が整えられた。