じゅうろくぎょうそう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

十六行相

ṣoḍaśa-ākāra (S)

 16の行相。行相とは認識のありようをいい、苦・集・滅・道の4つの真理(四諦・四聖諦)それぞれがもつ次のような4つのありようをまとめて十六行相という。〔『婆沙』79、T27-408c以下〕:〔『倶舎』26、T29-137a〕

  •  苦諦(非常・苦・空・非我)
  •  集諦(因・集・生・縁)
  •  滅諦(滅・静・妙・離)
  •  道諦(道・如・行・出)