じょうじゅう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

常住

nitya (S)

 生滅・変化なく、永久に常に存在すること。無常の対語。迷い有為の世界が無常であるのにたいし、悟り無為の世界は永遠であると考えられている。

 真理が永遠であること。2種の常住が区別されることがある。

  1. 生滅・変化の全くない静的・固定的な常住(kūṭasthanitya)
  2. 常に変化を繰り返しながらも永遠に存在し続けていく動的な常住(pariṇāminitya)
 衆生の尽く仏と作(な)ることなければ、如来の常住なりといふこと明らかなり    〔勝鬘経義疏