せじざいおうぶつ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

世自在王仏

または「世饒王仏」。「饒」は「自在」の意味である。

 無量寿経にこの二つの名が出てくる。阿弥陀仏が因位菩薩のとき、この仏のもとで出家し、四十八願を立てた。

義寂云わく。旧本に「楼夷亘羅」と名づく。「lokezvararaaja」これ梵音に存す。これを翻して名を「自在王」となす。憬興云わく。一切法において自在を得る故に。玄一云わく。世間の益 自在なるが故に「世自在」と言ふ。亦「世饒」と言ふ。即ち自在の義「王」と為すなり。     〔無量寿経鈔〕