せんじゃくほんがん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

選択本願

『せんじゃく』とも読む。浄土宗では「せんちゃく」とよみ、浄土真宗では「せんじゃく」と読む。宗派による区別がはっきりしている。

 「選択」とは、多くの中からすぐれたものを選びとること。

 阿弥陀仏が、法蔵菩薩であったとき、世自在王仏(せじざいおうぶつ)から二百十億の諸仏の国土を示され、それらの中から善いところを選びとり悪いところを捨て、もっともすぐれた浄土とその浄土に生れる行を摂取(完全に把握)して、そのような浄土を建立するため四十八願を立てた。  そこからこの願を「選択本願」という。

 また、特に第十八願を指すこともある。

白道とは、白の言は黒に対するなり。白は即ち選択摂取の白業、往生回向の浄業なり     〔教行信証(信)〕