そうじょう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

僧肇

384-414? 後秦時代の学僧

 鳩摩羅什に師事した夭逝の天才であった。

 中国古典でもとりわけ老荘を好み、支謙訳の維摩経を読んで仏教に転じた。羅什を涼州の姑蔵に訪ねてその門に入り、長安ではその訳経を助けた。

著作

  • 般若無知論
  • 物不遷論
  • 不真空論
  • 涅槃無名論

のちにこの四論に宗本義を付して肇論と呼ばれた

 これらは、般若涅槃などに中国人として独自の思索をこらしたもので、のちの中国仏教に決定的な方向性を与えた。