ぞくこうそうでん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

続高僧伝

道宣撰。30巻。大正 巻50。唐高僧伝(とうこうそうでん)または唐伝ともいう。唐の645年(貞観19)撰。

 慧皎高僧伝に続いて、梁代より唐の貞観19年に至るまで144年間にわたって、高僧の正伝340人、付伝160人の伝記を収録したもの。貞観19年脱稿後もしばしば増補している。中国仏教第一の仏教史家道宣の代表的史伝書である。