操作

だいしゅぶ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』

大衆部

Mahāsāghika महासाघिक (S, P)

 釈迦の没後100年ほど後、十事の非法、大天の五事などの「律」の解釈で意見が対立し、教団は保守的な上座部(じょうざぶ)と進歩的な大衆部とに根本分裂して部派仏教時代と呼ばれた。
 その後、教団はさらに枝末分裂を繰り返し、大衆部からは一説部説出世部・鶏胤部(けいいんぶ)・多聞部(たもんぶ)・説仮部・制多山部(せいたせんぶ)などに分裂した。大衆部系は主として中インドから南インドに広まり、概して勢力は小さかった。大衆部は、上座部系の説一切有部(せついっさいうぶ)から分裂した経量部と共に「現在有体・過未無体」を主張し、説一切有部の「三世実有・法体恒有」説と対立した。