だいじょうぎしょう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

大乗義章

 地論宗の浄影寺慧遠が、毘曇成実摂論地論三論などの教学の蘊蓄を傾けて編纂した仏教用語の解説辞典。

 全26巻より成っていたが、雑法聚を除く20巻が大正蔵(巻44)に収められている。教法聚・義法聚・染法聚・浄法聚に分かれ,それぞれ法数(ほっすう)順に解説がある。
 全部で222の義を取り上げているが、慧遠独特の思想は、義法聚のなかの仏性義(ぶっしょうぎ)、二諦(にたい)義、八識(はっしき)義、浄法聚に所収される涅槃(ねはん)義などにみいだされる。本書の教学は、それまでの中国仏教を集大成したものであり、真諦唯識教学と大乗起信論を統合する姿勢も見られる。


 本書は慧遠の没後、弟子たちによって中国の南北にもたらされ、吉蔵三論学、智儼華厳学、(窺基(きき))の唯識学などに大きな影響を与えた。