てん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

deva, sura (S)

 devaは「提婆」と音写され、suraは「素羅」と音写される。いずれも、光明清浄自在最勝などの意味であり、人間以上の勝妙の果報を受けたものであり、古くは部分がし須弥山の中に届いており、一端は遠く蒼空にあるとされ、総じて天趣と名づけられて六趣の一つに数えられている。
 また、その住処にかかわらず一切の鬼神を指して「天」と名づけることがある。
 すべての巧妙のものを「天」と呼ぶことがあり、たとえば人中の好華を天華と言うようなものである。

天とは、雑心に釈す如きは、光明有るが故に、これを名づけて天となす。これにあい随って釋す。またいわく天とは淨なるが故に天となす。    〔大乗義章〕

三種天

四種天


pra-vṛt- (skt; verb)

 「はたらき」を現わすこと。(識が)はたらくこと。


paryavasthāna (S)

 煩悩の別名の一つ。不善の心理状態が衆生にまつわりついて拘束し、生死輪廻からの解脱の障りとなるから、このようにいわれる。また「纏」は、随眠(anuśaya)が心の奥底に潜在的に存在する煩悩であるのに対して、実際の心理作用を伴って表面に現れる煩悩を指す。

八纏

 無慚無愧掉挙惛沈の8種を「八纏」とする

十纏

 八纏に忿を加えて「十纏」とする


この「てん」は、書きかけです。 この記事を加筆・訂正などして下さる執筆協力者を求めています。提案やご意見はこのページのノートに書き込んで下さい。