とんよく

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

貪欲

rāga रग (S)

 財物などをむさぼり求め、飽くことのないこと。単に「貪」ともいう。
 煩悩の中でも最も強いものであるから、諸悪の根源と考えられる三毒(三不善根)の一つ、あるいは六根本煩悩の一つに数えられる。
 なお欲界にある貪欲を「欲貪」といい、色界無色界(上二界ともいう)にある貪欲を「有貪」という。

ちなみに、漢語としての「貪欲(どんよく)」も同じ意味で、『戦国策』(趙策)をはじめ古典に用例が多い。