にっとう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

入唐

 遣唐使が唐へ遊学することを、このように呼ぶ。同じように隋へ遊学する時には、このようには呼ばない。

入唐八家

「にっとうはっけ」とか「にっとうはちけ」と読む。

 平安時代前期、中国に行き密教を請来した8人の僧をいう。最澄(入唐804-帰国805)・空海(804-806)・常暁(838-839)・円仁(838-847)・円行(838_839)・恵運(838_847)・円珍(853-858)・宗叡(862_865)。最澄・円仁・円珍は天台宗、他は真言宗の僧である。