はらみつ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

波羅蜜

サンスクリット語のpāramitā पारमिता の音写。「波羅蜜多(はらみた)」とも音写する。

 菩薩の基本的な実践徳目で、通常6種(六波羅蜜)あるいは10種(十波羅蜜)を数える。
 中国や日本の伝統的な解釈では、これをpāram(彼岸に)+ita(到った)という過去分詞の女性形と読み、彼岸(悟り)に到る行と解するのが通例である。「度(ど)」「到(とう)彼岸」などの訳語や、チベット語訳のpha rol tu phyin pa(彼岸に到った)もまたこの解釈からきている。

  • pāramitā については異説があり、言語学的に支持されているのは、「pārami」(<parama 最高の)+「tā」(状態)と分解する説で、「究極最高であること」「完成態」と考えるべきであろう。