びく

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

比丘

サンスクリットの bhikSu भिक्षु の音写。苾芻、煏芻などとも音写する。

出家して具足戒を受けた者をこう呼ぶ。男を比丘といい、女を比丘尼(bikSuNii)という。
バラモンの遍歴修行者を「bikSu」と呼ぶことがあったが、仏教が起こった頃には、すでに托鉢をする修行者を、このように呼んだ。

比丘は、名づけて乞士(こっし)とする。上には如来より法を乞い、これによって精神を練る。下には俗人の中に就いて食を乞い、これによって身を資する。よって乞士と名づけるのである。世間の乞人はただ衣食を乞い、法を乞わないので、比丘とは名づけないのである。  〔嘉祥法華義疏〕 1