操作

ほっけざんまい

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』

法華三昧

 三七(21)日の間、一心精進に『法華経』を憶念観察する三昧のこと。

 この三昧において普賢菩薩が六牙の白象に乗って、行者の前に現われるという。行者はこの普賢菩薩に対して、過去の罪を懺悔し、六根の清浄を得るという。