むじゃく

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

無着

Asaṇga असङ्ग (S) 無著と訳すこともある

 おおよそ4世紀のインドの人。北インド、ガンダーラのプルシャワ(Peshawar)に生まれた。
 最初は部派に属して修行したが、弥勒について大乗空観を学んだ、と言われている。
 世親の実兄であり、世親に大乗へ入るよう勧めた。こののち、弥勒→無着→世親とつながる唯識の三大論師の一人である。

著書

  • 摂大乗論
  • 大乗阿毘達磨集論
  • 顕揚聖教論
  • 順中論
  • 金剛般若経論