むち

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

無知

a jñāna (S)、mi śes pa (T)
 知らないこと。知らないもの。染汚無知と不染汚無知とに分ける。


mūḍha (S)
 事実に気がつかないこと。

無智

a jñāa jñāna (S)
 智慧のないこと。無知。


 故意でないこと.知らないでしたこと。

由無智思択過失 pratisaṃkhyāya ajñāna-doṣeṇa 無智の過失であると考えて

無癡・無痴

amoha (S)
「癡」はしばしば「痴」と書くことがある。

 三善根の一つ。心に癡惑がないことを言う。もしくは11の善の心所の一つ。対境を正しく理解すること。正見

無癡とは、もろもろの事理において、明解を性となす。愚癡を対治して善となし、楽となす。    〔唯識論6〕
無癡の心所と云うは万の事に明にして物の理に愚なる事なき心也    〔唯識大意〕