りた

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
りたぎょうから転送)
移動先: 案内検索

利他

りた、para-hita परहित(sanskrit)

自利の反対語。他の人びとを利して、救済すること。大乗菩薩は自利と利他の行を修す。この二つの行が完成した者がである。

願作仏の心はこれ 度衆生のこころなり 度衆生の心はこれ 利他真実の信心なり  高僧和讃