ろん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

śāstra (S)
 インドの仏教哲学者たちが著わした教義綱要書。論書。弟子への教誡(śāstra-śāsana)の意味。

優婆提舎

upadeśa (S)
 十二部経の「優婆提舎(upadeśa)」のこと。釈尊がみずから論義問答して、を説くものをいう。さらに、仏弟子が仏の言葉を論じて、法相を議論して仏と相応するものをいう。

阿毘達磨

abhidharma (S)、アビダルマ
 三蔵の中の、阿毘達磨蔵が「論」に当たる。