シャーンタラクシタ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

zaantarakSita शान्तरक्षित

チベットに初めて仏教教団を設立したインド、ナーランダの僧。漢訳名は寂護。

瑜伽行中観派の見解を示したとされる。761年に仏教の本格的導入を決めたティソン・デツェン王に招かれ、チベットに来たが、ボン教徒の抵抗でいったんネパールに戻り、771年頃再びいたり、パドマサンババと協力して775年にサムエー寺の定礎をつくった。
本堂完成の779年ナーランダから有部の僧を招き、6人の僧に戒を授けて教団を創設し、同時に訳経事業のため梵語を教えはじめ、787年サムエー寺の落慶法要を営み、きたるべきサムエー宗論を予言して没したという。

唯識中観両説の調和をはかったその見解は『中観荘厳頌』中に説かれ、広い学識は『真理綱要』に示されている。