バラモン

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

婆羅門

braahmaNa ब्राह्मण (skt. pali)

インドの四姓制度(カースト制度)の最上位の僧侶階級のこと。
リグ・ベーダでは、神々が原人プルシャを解体したときに、さまざまな階級が派生したと説き、バラモンはその口から生まれたとしている。
インドの法典では、バラモンにヴェーダ聖典を学習し、それを教授したり、自己または他人のために祭祀をつかさどり、布施をしたり受けたりすることを義務として定めている。彼等は、バラモン教を産み、インドの宗教・文化・学問の担い手として重要な役割を果たしてきた。

「婆羅門僧」という呼称で、インドから渡来した修行者や富貴な人を呼ぶこともある。