操作

「さんまい」の版間の差分

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』

 
(三昧)
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
'''三昧''' (さんまい、samaadhi समाधि(skt))
+
=三昧=
 +
samādhi समाधि(skt)
  
[[サンスクリット]]語を音写して、'''三昧'''、三摩提などとし、[[じょう|定]]、正受、調直定、正心行処、息慮凝心どと訳す。
+
 [[サンスクリット]]語を音写して、'''三昧'''、三摩提、三摩地などとし、[[じょう|定]]、正受、調直定、正心行処、息慮凝心どと訳す。
  
 
* '''定'''    心を一処に定めて動くことがないから。
 
* '''定'''    心を一処に定めて動くことがないから。
9行目: 10行目:
 
* '''息慮凝心''' 縁慮を止めて心念を凝結するから。
 
* '''息慮凝心''' 縁慮を止めて心念を凝結するから。
  
この三昧の過程に、初禅から第四禅までの4段階があり、つづいて空無辺処・識無辺処・無所有処・非想非非想処といわれる。前の四つを四静慮(四禅)、後の四つを四無色定として、三昧の深まりが極まって心のあらゆる動きが全く止滅した状態('''滅尽定''')を併せて、九次第定と数える。
+
 この三昧の過程に、初禅から第四禅までの4段階があり、つづいて空無辺処・識無辺処・無所有処・非想非非想処といわれる。前の4つを四静慮(四禅)、後の4つを四無色定として、三昧の深まりが極まって心のあらゆる動きが全く止滅した状態('''滅尽定''')を併せて、九次第定と数える。
  
[[しゃか|釈迦]]は、[[しゅっけ|出家]]してすぐに、無所有処と非想非非想処の境地に到達したが、そこで満足せず苦行を行い、さらに苦行を捨てて新しい行法を求めたことが[[ぶってん|仏典]]に知られる。<br>
+
 [[しゃか|釈迦]]は、[[しゅっけ|出家]]してすぐに、無所有処と非想非非想処の境地に到達したが、そこで満足せず苦行を行い、さらに苦行を捨てて新しい行法を求めたことが[[ぶってん|仏典]]に知られる。<br>
つまり仏教にとっては、三昧によって精神作用を静止すること自体には意味がない。[[しかん|止観]]が、精神の止息状態だけでなく、'''観'''となって働かなければならないことを説明しているように、[[はっしょうどう|八正道]]の[[しょうけん|正見]]がなくてはならない、と説明されている。
+
 つまり仏教にとっては、三昧によって精神作用を静止すること自体には意味がない。[[しかん|止観]]が、精神の止息状態だけでなく、'''観'''となって働かなければならないことを説明しているように、[[はっしょうどう|八正道]]の[[しょうけん|正見]]がなくてはならない、と説明されている。
 +
 
 +
:三摩地、謂、心一境性。〔『倶舎』4,T29-19a〕
 +
:三摩地云何。謂、於所観察事、随彼彼行、審盧所依、心一境性。〔『瑜伽師地論』3,T30-291c〕
 +
 
 +
次のような種類が説かれる。
 +
# 二種。一分修三摩地・具分修三摩地〔『瑜伽師地論』12、T30-338c〕
 +
# 三種。小三摩地・大三摩地・無量三摩地〔『瑜伽師地論』12、T30-337c~338a〕、空三摩地・無願心三摩地・無相心三摩地〔『瑜伽師地論』12、T30-337a~b〕、喜倶行三摩地・楽倶行三摩地・捨倶行三摩地〔『瑜伽師地論』12、大正30・339a〕
 +
# 四種。欲三摩地・勤三摩地・心三摩地・観三摩地〔『瑜伽師地論』29、T30-443b〕。

2022年5月31日 (火) 17:30時点における最新版

三昧

samādhi समाधि(skt)

 サンスクリット語を音写して、三昧、三摩提、三摩地などとし、、正受、調直定、正心行処、息慮凝心どと訳す。

  •     心を一処に定めて動くことがないから。
  • 正受   正しく所観のを受けるから。
  • 調直定  心に暴を調え、心の曲がるのを直し、心が散るのを定めるから。
  • 正心行処 心の動きを正して、法に合わせるための依処であるから。
  • 息慮凝心 縁慮を止めて心念を凝結するから。

 この三昧の過程に、初禅から第四禅までの4段階があり、つづいて空無辺処・識無辺処・無所有処・非想非非想処といわれる。前の4つを四静慮(四禅)、後の4つを四無色定として、三昧の深まりが極まって心のあらゆる動きが全く止滅した状態(滅尽定)を併せて、九次第定と数える。

 釈迦は、出家してすぐに、無所有処と非想非非想処の境地に到達したが、そこで満足せず苦行を行い、さらに苦行を捨てて新しい行法を求めたことが仏典に知られる。
 つまり仏教にとっては、三昧によって精神作用を静止すること自体には意味がない。止観が、精神の止息状態だけでなく、となって働かなければならないことを説明しているように、八正道正見がなくてはならない、と説明されている。

三摩地、謂、心一境性。〔『倶舎』4,T29-19a〕
三摩地云何。謂、於所観察事、随彼彼行、審盧所依、心一境性。〔『瑜伽師地論』3,T30-291c〕

次のような種類が説かれる。

  1. 二種。一分修三摩地・具分修三摩地〔『瑜伽師地論』12、T30-338c〕
  2. 三種。小三摩地・大三摩地・無量三摩地〔『瑜伽師地論』12、T30-337c~338a〕、空三摩地・無願心三摩地・無相心三摩地〔『瑜伽師地論』12、T30-337a~b〕、喜倶行三摩地・楽倶行三摩地・捨倶行三摩地〔『瑜伽師地論』12、大正30・339a〕
  3. 四種。欲三摩地・勤三摩地・心三摩地・観三摩地〔『瑜伽師地論』29、T30-443b〕。