操作

しゅうみつ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』

2011年2月2日 (水) 09:28時点におけるマイコン坊主 (トーク | 投稿記録)による版 (新しいページ: '=宗密= (780-841) 澄観の晩年の弟子。四川省の生まれ。  25歳の時、荷沢宗の道円に禅を学び、後、『[[えんがく...')

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

宗密

(780-841) 澄観の晩年の弟子。四川省の生まれ。

 25歳の時、荷沢宗の道円に禅を学び、後、『円覚経』を学び、大きく影響を受けた。その後、華厳の章疏を入手して澄観の教学を学び、澄観の晩年2年間師事した。
 長安の終南山の圭峯に住んだので、圭峯宗密という。澄観より以上に禅の影響を受けて「教禅一致」を提唱した。

著作

  • 『円覚経大疏』13巻
  • 『原人論』
  • 『起信論疏』
  • 『注華厳法界観門』
  • 『禅門師資承襲図』
  • 『禅源諸詮集都序』