「じっさい」の版間の差分

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索
(ページの作成:「=実際= <big>koṭi</big> (S)  究極の根拠。法がそれによって成立している根拠。実在の極限。存の究極的なすがた。法性・真如・...」)
 
(実際)
 
2行目: 2行目:
 
<big>koṭi</big> (S)
 
<big>koṭi</big> (S)
  
 究極の根拠。法がそれによって成立している根拠。実在の極限。存の究極的なすがた。法性・真如・空と同義であり、諸法実相の異名である。真実の理法。
+
 究極の根拠。法がそれによって成立している根拠。実在の極限。存の究極的なすがた。[[ほっしょう|法性]]・[[しんにょ|真如]]・[[くう|空]]と同義であり、[[しょほうじっそう|諸法実相]]の異名である。真実の理法。
  
 
:涅槃の異名なり。
 
:涅槃の異名なり。

2020年5月21日 (木) 17:02時点における最新版

実際

koṭi (S)

 究極の根拠。法がそれによって成立している根拠。実在の極限。存の究極的なすがた。法性真如と同義であり、諸法実相の異名である。真実の理法。

涅槃の異名なり。
二乗の涅槃の事なり。

『倶舎論』vol.27、『維摩経』T14-540a、『中論』25.20