操作

「そうぎゃ」の版間の差分

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』

(僧伽)
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
 
=僧伽=
 
=僧伽=
saMgha、संघ (skt))は[[サンスクリット]]語の音写であり、「衆」(しゅ)「和合衆」(わごうしゅ)と漢訳される。もとの意味は「集団」「集会」などであり、古代インドでは、自治組織をもつ同業者組合、共和政体のことをサンガと呼んだ。これが仏教に採用されて修行者の集まりや、教団のことを指した。
+
<big>saṃgha、&#x0938;&#x0902;&#x0918;</big> (S))は[[サンスクリット]]語の音写であり、「衆」(しゅ)「和合衆」(わごうしゅ)と漢訳される。もとの意味は「集団」「集会」などであり、古代インドでは、自治組織をもつ同業者組合、共和政体のことをサンガと呼んだ。これが仏教に採用されて修行者の集まりや、教団のことを指した。
  
略して[[そう|僧]]と呼び、仏・法・僧の[[さんぼう|三宝]]の一つとして尊重され、[[さんきえ|三帰依]]の対象となっている。僧は仏陀の教えを実行し、その教えの真実であることを世間に示し、あわせて弟子を教育し、教法を次代に伝える。<br>
+
 略して[[そう|僧]]と呼び、仏・法・僧の[[さんぼう|三宝]]の一つとして尊重され、[[さんきえ|三帰依]]の対象となっている。僧は仏陀の教えを実行し、その教えの真実であることを世間に示し、あわせて弟子を教育し、教法を次代に伝える。<br>
狭い意味では、僧は仏教の出家者である[[びく|比丘]]と[[びくに|比丘尼]]の教団を指し、これを「二部僧」または「両僧伽」ともいう。そして現実に目前に成立している僧を「現前僧」という。ある土地に4人以上の比丘がおれば、「僧」を組織することができる。さらに将来仏教教団に入ってくる比丘までも含めて、三世一貫の僧を「四方僧」と呼び、これを常住僧となし、僧伽の土地や精舎(しょうじゃ)、什物(じゅうもつ)などは四方僧の所有とする。
+
 狭い意味では、僧は仏教の出家者である[[びく|比丘]]と[[びくに|比丘尼]]の教団を指し、これを「二部僧」または「両僧伽」ともいう。そして現実に目前に成立している僧を「現前僧」という。ある土地に4人以上の比丘がおれば、「僧」を組織することができる。さらに将来仏教教団に入ってくる比丘までも含めて、三世一貫の僧を「四方僧」と呼び、これを常住僧となし、僧伽の土地や[[しょうじゃ|精舎]]、[[じゅうもつ|什物]]などは四方僧の所有とする。
 +
 
 +
===僧伽の種類===
 +
 普通は出家の比丘・比丘尼・沙弥・沙弥尼についていい、これを四衆と称するが、広義においては在家をも含めた仏教教団の全体(七衆)を指すと考えてもよい。<br>
 +
 また比丘僧伽と比丘尼僧伽とを合わせて両僧伽といい、二部衆、二衆ともいう。この場合、観念的に四方の一切の比丘・比丘尼を
 +
含めて考えればこれを四方僧伽といい、現実に目の前に見る比丘・比丘尼の集団を指して現前僧伽という。<br>
 +
 現前僧伽は必ず4人以上とされる。これは羯磨(戒律の作法)を行い得る最小数であって、それ以下は単に群と呼ぶ。
 +
 
 +
 中国や日本では一人の比丘・比丘尼をも僧、僧侶といい、特に比丘のみを僧といって比丘尼と合わせて僧尼とも称する。また声聞僧の他に菩薩も僧と称されることがある。
 +
 
 +
 『大智度論』巻3には、唖羊僧(愚かで善悪さえわきまえない僧)・無羞僧(無慚愧僧、無恥僧ともいう。恥じない破戒僧)・有羞僧(戒律をもち道を修め犯した罪を悔いる僧)・真実僧(見道以上の聖者)の4種の僧を説く。<br>
 +
 『顕宗論』巻20には、無恥僧・唖羊僧・朋党僧(党を組んで他争う僧)・世俗僧(有羞僧に当たる。善である凡夫)・真実僧の5種の僧を説く。
 +
 
 +
* 唖羊僧を略して「羊僧」ともいい、比丘が自分のことをへり下っていうときに用いる。

2019年2月4日 (月) 17:50時点における最新版

僧伽

saṃgha、संघ (S))はサンスクリット語の音写であり、「衆」(しゅ)「和合衆」(わごうしゅ)と漢訳される。もとの意味は「集団」「集会」などであり、古代インドでは、自治組織をもつ同業者組合、共和政体のことをサンガと呼んだ。これが仏教に採用されて修行者の集まりや、教団のことを指した。

 略してと呼び、仏・法・僧の三宝の一つとして尊重され、三帰依の対象となっている。僧は仏陀の教えを実行し、その教えの真実であることを世間に示し、あわせて弟子を教育し、教法を次代に伝える。
 狭い意味では、僧は仏教の出家者である比丘比丘尼の教団を指し、これを「二部僧」または「両僧伽」ともいう。そして現実に目前に成立している僧を「現前僧」という。ある土地に4人以上の比丘がおれば、「僧」を組織することができる。さらに将来仏教教団に入ってくる比丘までも含めて、三世一貫の僧を「四方僧」と呼び、これを常住僧となし、僧伽の土地や精舎什物などは四方僧の所有とする。

僧伽の種類

 普通は出家の比丘・比丘尼・沙弥・沙弥尼についていい、これを四衆と称するが、広義においては在家をも含めた仏教教団の全体(七衆)を指すと考えてもよい。
 また比丘僧伽と比丘尼僧伽とを合わせて両僧伽といい、二部衆、二衆ともいう。この場合、観念的に四方の一切の比丘・比丘尼を 含めて考えればこれを四方僧伽といい、現実に目の前に見る比丘・比丘尼の集団を指して現前僧伽という。
 現前僧伽は必ず4人以上とされる。これは羯磨(戒律の作法)を行い得る最小数であって、それ以下は単に群と呼ぶ。

 中国や日本では一人の比丘・比丘尼をも僧、僧侶といい、特に比丘のみを僧といって比丘尼と合わせて僧尼とも称する。また声聞僧の他に菩薩も僧と称されることがある。

 『大智度論』巻3には、唖羊僧(愚かで善悪さえわきまえない僧)・無羞僧(無慚愧僧、無恥僧ともいう。恥じない破戒僧)・有羞僧(戒律をもち道を修め犯した罪を悔いる僧)・真実僧(見道以上の聖者)の4種の僧を説く。
 『顕宗論』巻20には、無恥僧・唖羊僧・朋党僧(党を組んで他争う僧)・世俗僧(有羞僧に当たる。善である凡夫)・真実僧の5種の僧を説く。

  •  唖羊僧を略して「羊僧」ともいい、比丘が自分のことをへり下っていうときに用いる。