「つう」の版間の差分

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索
()
()
 
1行目: 1行目:
 
=通=
 
=通=
 +
<big>abhijñā、naya、abhijñāna、prativedha、prabhāva</big> (S)
 +
 
 仏・菩薩などが具える自由自在で、さまたげのない能力作用。超人的な能力。威神力。神通力。<br>
 
 仏・菩薩などが具える自由自在で、さまたげのない能力作用。超人的な能力。威神力。神通力。<br>
(S) abhijñā、naya、abhijñāna、prativedha、prabhāva<br>
 
 
〔『四教儀註』中下〕〔『往生要集』T84-39a〕
 
〔『四教儀註』中下〕〔『往生要集』T84-39a〕
  
  
 
 知識を得ること。
 
 知識を得ること。
:若捉2証量比量1、不レ通2此義1、由2聖言1故是乃得レ通    〔金七十論 T54-1246a〕
+
:若捉<sub>2</sub>証量比量<sub>1</sub>、不<sub>レ</sub>通<sub>2</sub>此義<sub>1</sub>、由<sub>2</sub>聖言<sub>1</sub>故是乃得<sub>レ</sub>通    〔金七十論 T54-1246a〕
  
  
15行目: 16行目:
 
 通訳する。〔『四教儀註』〕
 
 通訳する。〔『四教儀註』〕
 
----
 
----
 +
 
=痛=
 
=痛=
 
===苦しみ===
 
===苦しみ===

2020年5月20日 (水) 22:08時点における最新版

abhijñā、naya、abhijñāna、prativedha、prabhāva (S)

 仏・菩薩などが具える自由自在で、さまたげのない能力作用。超人的な能力。威神力。神通力。
〔『四教儀註』中下〕〔『往生要集』T84-39a〕


 知識を得ること。

若捉2証量比量1、不2此義1、由2聖言1故是乃得通    〔金七十論 T54-1246a〕


 通(または通用)は、文法用語では、「両方を用いる」「両方を使う」の意。

 通じて。一般的に。〔『四教儀註』〕

 通訳する。〔『四教儀註』〕


苦しみ

 (P) dukha〔『義足経』T4-176a〕

これ(薬)を失へば即ち悩む、これを痛と謂ふ。    〔『陰持入経註』T33-13b〕

悩み

 「内心痛」
 (P) domanssa 〔『那先経』T32-699b〕

いたみ

 生理的な苦痛
 (P) kharo ābādho...bāḷhā vedanā
 (S) khara ābādhaḥ pragāḍhā vedanā    〔『長阿含経』T1-15b〕