「ひつのう」の版間の差分

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索
(ページの作成:「=逼悩= <big>pīḍa, pari-√kliś, duḥkha-āpatti-pāta, pīdḍanā</big> (S)  苦しめること。反対語は「非逼悩」(avihiṃsā (S))で、ぜ...」)
 
(相違点なし)

2020年5月21日 (木) 16:44時点における最新版

逼悩

pīḍa, pari-√kliś, duḥkha-āpatti-pāta, pīdḍanā (S)

 苦しめること。反対語は「非逼悩」(avihiṃsā (S))で、善地法の一つである。