「びゃくいちこんま」の版間の差分

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索
(ページの作成:「=白一羯磨= <big>jñapti-dvitīyā karma-vācanā</big> (S)  戒律によると、何か事を行なおうとするときには、教団の中の...」)
 
(相違点なし)

2020年5月21日 (木) 16:18時点における最新版

白一羯磨

jñapti-dvitīyā karma-vācanā (S)

 戒律によると、何か事を行なおうとするときには、教団の中の僧衆を集め、まずその事を提示して告げるのを「白」といい、さらにその事の可否をはかって成立させることを羯磨(kamma (P))と称する。このように一つの白と、一つの羯磨とからなるので、白一羯磨といい、また白二羯磨(白を第二のものとしている羯磨、の意)ともいう。