「むじしょう」の版間の差分

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索
 
(無自性)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
 
=無自性=
 
=無自性=
niHsvabhaava निःस्वभाव (skt.)
+
<big>niḥsvabhāva</big> निःस्वभाव (skt.)
  
それ自身で孤立的に存在する本体もしくは独立している実体を「[[じしょう|自性]]」といい、それを否定して「無自性」が説かれる。<br>
+
 それ自身で孤立的に存在する本体もしくは独立している実体を「[[じしょう|自性]]」といい、それを否定して「無自性」が説かれる。<br>
自性を立てて「[[ほう|法]]」(dharma)の体系を確立した[[せついっさいうぶ|説一切有部]]に対し、[[りゅうじゅ|龍樹]]は主著『[[ちゅうろん|中論]]』において、相依(そうえ)・相待(そうたい)の[[えんぎ|縁起]]説を新たに展開し、その理論により自性を根底から覆して無自性を徹底させ、ここに自由で広大な「[[くう|空]]」のありかたが浸透する。「無自性=空」は、実体的な思考を排除すると同時に、いっさいのとらわれのない[[さとり|悟り]]の境地を如実に示す。
+
 自性を立てて「[[ほう|法]]」(dharma)の体系を確立した[[せついっさいうぶ|説一切有部]]に対し、[[りゅうじゅ|龍樹]]は主著『[[ちゅうろん|中論]]』において、相依(そうえ)・相待(そうたい)の[[えんぎ|縁起]]説を新たに展開し、その理論により自性を根底から覆して無自性を徹底させ、ここに自由で広大な「[[くう|空]]」のありかたが浸透する。<br>
 +
 '''「無自性 = 空」'''は、実体的な思考を排除すると同時に、いっさいのとらわれのない[[さとり|悟り]]の境地を如実に示す。

2020年5月20日 (水) 22:23時点における最新版

無自性

niḥsvabhāva निःस्वभाव (skt.)

 それ自身で孤立的に存在する本体もしくは独立している実体を「自性」といい、それを否定して「無自性」が説かれる。
 自性を立てて「」(dharma)の体系を確立した説一切有部に対し、龍樹は主著『中論』において、相依(そうえ)・相待(そうたい)の縁起説を新たに展開し、その理論により自性を根底から覆して無自性を徹底させ、ここに自由で広大な「」のありかたが浸透する。
 「無自性 = 空」は、実体的な思考を排除すると同時に、いっさいのとらわれのない悟りの境地を如実に示す。