こんぽんち

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
2014年3月2日 (日) 08:34時点におけるマイコン坊主 (トーク | 投稿記録)による版 (新しいページ: '=根本智= (⇔後得智)  根本智は、如理智(にょりち)、根本無分別智(こんぽんむふんべっち)、正体智(しょうたいち)、真智などと...')

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

根本智

(⇔後得智)

 根本智は、如理智(にょりち)、根本無分別智(こんぽんむふんべっち)、正体智(しょうたいち)、真智などともいい、真如にかなってはからいをはなれ、ものの本質のありのままが平等で差別のないことを知る智である。
 それに対し、後得智(ごとくち)は、如量智(にょりち)、無分別後智、俗智などともいい、根本智によって平等の理をさとった上で、平等に即して現象界の差別のすがたを知る智である。