かくしんに

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

覚信尼

1224年-1283年

親鸞の末娘。王御前ともよばれる。日野広綱に嫁し、覚恵法師など二子を生む。広綱の死後、小野宮禅念と再婚して、唯善を生む。
禅念の私有地に親鸞の廟堂を創設し、さらに禅念から土地を譲り受けて、これを聖人の廟地とし、関東の門弟に寄進して、みずからは留守として廟堂の守護に任じた。