ぎおんしょうじゃ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

祇園精舎

(jetavana-vihaara)の音写。具名:祗樹給孤独園(jetavana anaathapiN-Dadasyaaraama)の略。

 舎衛城の給孤独長者(=須達多 sudatta)が、祗陀(jeta)太子の林苑を購入して、2人が協力して釈尊とその教団のために僧坊を立てて寄進した。
 サヘート・マヘートの南に遺跡があり、伽藍の基石などが発見されている。相当大規模なもので、中央に仏殿(香室gandhakuTi)があり、その周囲に80の小坊があった。