しゅつさんぞうきしゅう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

出三蔵記集

僧祐撰。十五巻。大正 五十五巻。

梁の天監九-十七年(510年518年)の間に撰述。僧祐録ともいう。現存諸経録中、最古のものに属する。後漢から梁代までの経典目録を編集したもので、経録と経序と僧伝との三部から成りたっている。