しょうぐ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

性具

本具・体具ともいう。

 現象世界一々がそのまま、善も悪もありとあらゆるものを具えていて、相互に完全のかかわり合いを保ちつつ互いに混乱しないという考えをいい、天台教学の基礎となる。
 華厳宗などで説く清浄の真如から縁によって現象世界があらわれたとする性起説に対する語。