じょうげんしんていしゃっきょうもくろく

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

貞元新定釈教目録

円照撰。30巻。大正 vol.55。唐の800年(貞元16)撰。貞元録、円照録ともいう。

 唐の徳宗の勅命によって西明寺沙門円照が撰述した。勅選一切経目録の代表的なもの。後漢明帝67年(永平10)より徳宗の800年(貞元16)に至る734年間に伝訳された2,417部7,3808巻の経典を収録している。その大部分は開元録の記事を継承している。