操作

ぞうじょう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』

増上

ādhipatya; adhika; adhimātra; (S)

 増勝上進、または増進増加の意。力が加わり、はたらきが助長進展されて、強大であること。勝れた強い力を増上力といい、他のもののはたらきを増勝にする縁を増上縁という。

adhipati (S)
 力を与えて障りとならないこと。〔倶舎論3〕

 すぐれた。非常な。極度の。すぐれていること。
 大いに。
 力を与えて障りとならないこと。

 強きこと、強い故に壊れぬなり。; 強きこと、強い故に壊れぬなり。〔香月〕
 増しそだつる、外寄りの助。  〔和語灯録〕