ぞんかく

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

存覚

1290年(正応3) - 1373年(応安6)

1303年(嘉元元) 得度。
1311年(応長元) 以降、覚如について越前などへ行く。
1314年(正和3) 本願寺管領(かんれい)を覚如から譲られる。しかし、その後二度の義絶・赦免を繰り返した。
1353年(文和2) 今小路坊舎と呼ばれる常楽台に移る。
覚如とともに初期の教学を整備して、後世に大きな影響を与えた。

TYU:存覚

著作

  • 嘆徳文(たんどくもん)
  • 浄典目録(じょうてんもくろく)
  • 存覚一期記(ぞんかくいちごき)
  • 存覚袖日記(ぞんかくそでにっき)
  • 存覚法語(ぞんかくほうご)
  • 六要鈔(ろくようしょう)
  • 持名鈔(じみょうしょう)
  • 破邪顕正鈔(はじゃけんしょうしょう)
  • 歩船鈔(ぶせんしょう)
  • 女人往生聞書(にょにんおうじょうききがき)
  • 法華問答(ほっけもんどう)