操作

りやく

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』

利益

  1. ためになること。法力によって恩恵を与えること。自らを益するのを功徳(くどく)、他を益するのを利益という。
  2. 神仏の力によって授かる利福。利生(りしょう)。「ご利益」