カローシュティー

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

古代の西北インド、北インドから中央アジアで用いられた文字。
紀元前518年、ダレイオス1世はインダス川流域に侵入し、インダス川以西をアケメネス朝の属州とした。この文字は紀元前5世紀ころ、ブラーフミー文字を知っているものが、アラム文字を借用して、この地の言語を便宜的に表記するために考案したものと考えられている。

ハザーラーのマーンセヘラーとペシャーワルのシャーバーズ・ガリーにあるアショーカ王による磨崖碑文が、この文字で表記されており、前3世紀ころにはこの文字が普及していたことがわかる。アショーカ王以後も、シャカ、クシャーナ朝の諸王によって採用されたが、 5 世紀以降はブラーフミー系文字と交代した。

19 世紀には解読され、仏教・ジャイナ教の文献および『法苑珠林』から、カローッティー、カローシュティーの名称が確認されたが、起源については諸説がある。