カーリダーサ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

カーリダーサ

kaalidaasa कालिदास (skt.)
インドの詩人・劇作家。4-5世紀の人。ビクラマーディティヤ王の宮廷詩人の一人と言われている。この王はグプタ王朝のチャンドラグプタ2世と考えられている。
古今を通じインド文学史上最大の作家といわれ、彼の出現により古典サンスクリット文学は黄金時代を現出した。

代表的作品

戯曲

  • 『シャクンタラー』
  • 『ビクラモールバシーヤ(勇気によって得られたウルバシー)』vikraMorvaziiya
  • 『マーラビカーグニミトラ(マーラビカーとアグニミトラ)maalavikaagniMitra

叙情詩

  • 『メーガドゥータ』
  • 『リトゥサンハーラ』

叙事詩

  • 『クマーラ・サンババ(軍神クマーラの誕生)』kumaarasaMbhava
  • 『ラグ・バンシャ』