あんにょう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

安養

阿弥陀浄土に往生すれば、心を安んじ身を養うから、安養と言い、その浄土を「安養浄土」と言う。極楽の異訳である。

九品安養の同じ台(うてな)生るる身となさせ給へ  太平記6

天台宗の説

 安養浄土の阿弥陀佛の場合、同居土の浄土に住する佛陀である。極楽には、娑婆の凡夫が往生することができるから、極楽には凡夫がいる。しかし凡夫に対する佛は劣応身である。さらに極楽には声聞衆がいると経典に説かれているが、声聞に対する佛は劣応身である。しかも未離欲の声聞や凡夫は、まだ見思の惑を全断していないから、輪廻の束縛を離れていない。
 したがって、彼らの住する極楽は、輪廻の内の浄土であることになる。すなわち界内の浄土である。これは凡聖同居の浄土である。

 これに対して浄土教では、阿弥陀佛を応身とは見ない。浄土に生まれた衆生は直ちに成佛すると見るから、浄土は聖者の住所である。極楽を界内の佛土とは見ない。阿弥陀佛は、法蔵菩薩の時の因位の修行に報われて成佛した無量の寿命、無量の光明を持つ佛であるから、報身であると見る。これらの点は、善導の『観経疏』に主張される。